GODZILLAの引退

Date
2012-12-28 (金曜日)
Category
ブログ

2012122801.jpeg時事ドットコム:特集 松井秀喜

2012年の最後に、唐突に大きなニュースが飛び込んできましたね。
松井秀喜、現役引退です。

改めて思い返すと、星陵高校から、巨人、ヤンキース、エンゼルス、アスレチックス、レイズとチームを移り変わっても、巨人の松井、ヤンキースの松井のイメージがやっぱり強いです。


2012122802.jpeg私の記憶の中にある、「初めて見に行ったプロ野球の試合」が、松井秀喜が巨人に入団した1993年のオープン戦。

巨人対近鉄戦。当時の松井は7番ライト。
リトルリーグで同じ打順・ポジションだった私にとって、ニュースで取り上げられるような選手が自分と同じという事で、強い親近感を感じました。

そして、これを発端として、巨人の松井に対して強い思い入れを持つ事になりました。


2012122803.jpegそんな松井が、メジャーリーグに挑戦することになり、喜びと同時に寂しさを感じたのが、2002年の今頃の季節でしたね。
当時、ドジャースとマリナーズくらいしか興味のなかったメジャーリーグに興味を持つようになったのはこの頃からです。

ロジャー・クレメンス、バーニー・ウィリアムス、デレク・ジーター、ホルヘ・ポサーダ、ジェイソン・ジアンビ、アルフォンソ・ソリアーノ、こういった選手を知り、格好良いと思うようになったのは、松井秀喜の存在がその一因です。


ヤンキースでの故障以降、パッとしたニュースが少なく、残念に思っていました。
同時に、再び大活躍する姿を見られると、頭のどこかで無意識に思っていました。
引退は残念ですが、今後は違う形での活躍を見られると、信じたいです。

できれば、巨人以外の監督をして、巨人に挑んで欲しいなぁ。

Return to Page Top