楽天"的"イーグルス?

Date
2012-05-12 (土曜日)
Category
ブログ

わざとアウトになる楽天に怒りの声が噴出[サーチナ]


ここ数日、「無気力野球」として話題になっている動画です。
5月10日の埼玉西武ライオンズ×東北楽天ゴールデンイーグルスでの一幕。
4回までに楽天が4対2とリードするも、この日の天候は激しい雨。いつノーゲームとなってもおかしくない状況。
5回表までゲームが進めば試合成立となるこの場面で、楽天の選手達が試合進行を優先し、ひとつひとつのプレーを疎かにした、と非難されているものです。

動画を見る限りは、なんともよう言わんなぁと感じます。
[1]聖澤諒   振り逃げ成立→まっすぐベンチへ
[2]高須洋介  ヒットで出塁→走塁ミスでアウト
[3]松井稼頭央 三振

確かに動画を見てると、聖澤はキャッチャーの後逸を知ってか知らずかまっすぐベンチへ。相手キャッチャーがあれ?ってなってるのがはっきりわかります。
2番高須も、せっかく出塁したのに、あっけなくアウト。
3番松井に関しては、始球式みたいなスイング、ちゃんとボールも見てない感じです。

確かに、チームとして勝ち試合にしたい気持ちはわかります。ひとつの戦略でしょう。でも、プロ野球が興行だという事を考えると、球場に来ているお客さんの前でするプレーでは決してないですね。そして何より、野球が好きで好きでたまらない人がしているプレーではないです。

私が特に、小笠原道大や新庄剛志のような全力でプレーする選手が好きだから余計に。ではありますが。

Return to Page Top